NTTドコモのモバイルwi-fiが注目を集めている理由をチェック

携帯キャリアとして蓄積したノウハウを生かしてモバイルwi-fi事業を展開しているのが「NTTドコモ」です。では、このプロバイダが提供しているサービスの中でとりわけ特徴的な点や魅力的なポイントをおさらいしておきましょう。

1:速度

NTTドコモが展開するモバイルwi-fiサービスは、NTTおよびNTTドコモのシステムを生かした、4GやLTEを含む独自のネットワークとなっています。通信速度は下りが最速で788Mbps、上りは最大で50Mbpsとなっています。これは国内最高レベルの高速データ通信と言えます。ただし、この速度に対応しているルーターは「N01J」のみです。「N01H」は下り最大337.5Mbps、「HW01H」は最大370Mbps、「L01G」は最大262.5Mbpsとなっています。サービスの展開しているエリアによって最適なルーターは変化するので、申し込みをする前に公式サイトで対応エリアをチェックしておきましょう。

2:特徴

NTTドコモが提供しているモバイルwi-fiサービスの主な特徴は「つながりやすさ」と「海外でも利用可能」、そして「特典が多い」の3点が挙げられます。

NTTドコモのモバイルwi-fiは、WIMAXもしくはWIMAX2を共有しているプロバイダとは異なり、NTT独自のシステムを活用しています。そのため、NTTドコモの電波が入る場所であれば、基本的にはモバイルwi-fiも使用することができる、という大きなメリットがあります。つまり、大都市圏だけでなく、地方都市や田舎の地域であっても、ストレスフリーでインターネットを楽しむことができるのです。もちろん、通信速度は地域によって異なり、常に最高速度である788Mbpsで通信できるという訳ではありません。LTE通信ができない場所であれば、通信速度は当然大きく低下します。とはいえ、「つながりやすさ」という点では、現在のところNTTブランドを上回るモバイルwi-fiのプロバイダはないと言えるでしょう。

2つ目の特徴は「海外へ持っていてすぐに使える」という点です。WIMAX系列を始めとして、大半のプロバイダはモバイルwi-fiサービスを国内エリア限定で提供しています。そのため、「海外でもwi-fiを使いたい」という場合には、国外対応機種をレンタルしている別のプロバイダと契約するか、もしくは空港のレンタルサービスに申し込む必要があります。一方、NTTドコモのモバイルwi-fiでは、ルーターを海外に持っていくとそのまま自動的に「海外パケ放題」プランが適用されてローミングがかかるので、すぐに利用することができます。面倒な申し込みなどは必要ありません。また、1日当たりの料金上限が2,980円に設定されているので、「月末にいきなり数十万円を請求された」ということが起こるリスクもありません。

3つ目の特徴は「ユニークなキャンペーンが多いこと」です。NTTドコモでは、新規申し込み者を対象としたキャンペーンを継続的に実施しています。例えば、「dポイントプレゼント」や「セキュリティーソフト無料インストール」、「最新モデルのルーター無料レンタル」などです。加えて、「キャッシュバック」や「ルーター設定の出張サポート無料」など、月替わりのキャンペーンも行なっています。「モバイルwi-fiサービスをどのプロバイダに依頼したら良いか分からない」という人は、こうしたお得なキャンペーンが多いNTTドコモを活用すると良いでしょう。

3:費用

費用NTTドコモのモバイルwi-fiサービスには複数の料金プランがあり、データ使用量に応じて細かく料金が変動するシステムになっています。WIMAXとは異なり、NTTドコモでは「実質無制限プラン」は準備されていません。ここでは2つのプランをご紹介します。

1つ目は「ウルトラデータパック」です。これは低額で高速のデータ通信を楽しむことができるプランです。「LLプラン」は最大30GBまで利用でき、毎月の使用料金は9,400円となっています。一方、「Lプラン」は最大20GBまで利用可能で、月額料金は7,400円となっています。どちらのプランもドコモのスマートフォンユーザーであれば、800円の割引が適用されます。

もう1つの料金プランは「ベーシックパック」です。これは、ルーターレンタルの基本料金として1,400円が設定されており、それに加えてどれほどの通信容量を設定するかによって料金が変動するものです。ステップ4は20GBで料金は7,000円となっています。ステップ3は5GBで料金は5,000円、ステップ2は3GBで料金は4,000、そしてステップ1は1GBで料金は2,900円となっています。ですから、NTTドコモが提供するモバイルwi-fiプランのうちでもっとも安い料金となるのは、ステップ1の月額4,300円ということになります。

NEXT mobileのモバイルwi-fiサービスで際立っている点とは?

「通信スピード」と「繋がりやすさ」で競合他社との差別化を図っているのが「NEXT Mobile」です。では、NEXT Mobileが提供するモバイルwi-fiの特徴や魅力について確認して行きましょう。

1:速度

NEXT Mobileではモバイルwi-fiサービス用に2種類のルーターを提供しています。1つ目は「FS030W」で、最大通信速度は下り150Mbps、上り50Mbpsです。20時間以上の長時間バッテリーを搭載していることも魅力です。2つ目は「HT100LN」で、最大通信速度は同じく下り150Mbps、上り50Mbpsとなっています。ただし、こちらのルーターは室内で使用することを念頭に置いてデザインされており、最大10台までモバイル機器を接続することが可能となっています。NEXT MobileはSoftbankと提携してネットワークサービスを提供しており、Softbankの「4G」、「LTE」および「3G」の電波が届く場所であればネットワークの利用が常時可能です

2:特徴

株式会社「Good Luck」が提供するモバイルwi-fiサービス「NEXT Mobile」には、3つのユニークな特徴があります。1つ目は「速度制限がないこと」、2つ目は「サービスエリアの広さ」、そして3つ目は「サポート内容の充実」です。

NEXT Mobileでは、WIMAX系列のプロバイダが提供している「ギガ放題」のように、通信量無制限のプランがなく、最大のプランでも「1か月50GB」となっています。ただし、WIMAXでは「3日で10GB」という短期の使用制限が設けられており、これを超えると通信速度が128kbpsという低速へ無条件で切り替えられてしまいます。一方、NEXT Mobileでは、契約している容量に達するまで決して通信速度が制限される心配がありません。ですから、いつでも快適なスピードでインターネットを楽しめるのです。これは他のプロバイダにはないNEXT Mobileだけの大きな魅力ということができるでしょう。

エリアもう1つの特徴は「サービスエリアが非常に広い」という点です。NEXT Mobileは大手携帯キャリアの1つであるSoftbankと提携して、そのネットワーク回線を使用しています。ですから、Softbankのサービス提供地域であれば、NEXT Mobileのルーターも基本的には利用することができる、というわけです。もちろん、「LTE対応エリアか、それとも3Gのみか」によって最大通信速度は大きく変化します。とはいえ、モバイルwi-fiサービスそのものを利用可能である、というのは大きな利点ということができるはずです。NEXT Mobileのルーターはカタログ上、最大下りスピードが150Mbpsとなっていて、一見すると他社に劣っているように見受けられます。とはいえ、実測スピードで比較すると、LTEネットワークを利用しているNEXT Mobileの通信速度は非常に速く、動画などもスムーズにダウンロードが可能です。これから最新機種のルーターが商品ラインナップに加わるようになれば、このプロバイダが持つ魅力は増すことでしょう。

3つ目の特徴は「サポート内容がとても充実している事」です。NEXT Mobileは専用のコールスタッフによる無料サポートを年中無休で行っています。加えて、月額300円を支払うことで、端末の無料交換もしくは補修サポートを受けることができます。ただし、水濡れはサポート対象外となるので注意が必要です。もう1つのサポートは、月額907円の「MY NEXTサポート」です。これはPC周辺のトラブル全般に対応してくれるシステムで、動作不良からウイルス駆除まで幅広い分野のサポートを受けることができます。

3:費用

NEXT Mobileのモバイルwi-fiサービスは、初期料金である端末代が無料です。ですから、月々の利用料金を支払うだけですぐにサービス利用を始めることができます。

料金プランは1か月当たりの最大通信量に応じて3つ準備されています。「20GBプラン」は、最初の2年間に限り月額料金が2,760円、3年目からは3,695円です。支払いはクレジットカードのみです。一方、「30GBプラン」は最初2年間が月額3,490円、3年目以降は3,695円です。支払い方法はクレジットカードもしくは口座振替のいずれかとなります。もう1つの「50GBプラン」は、最初の2年間が4,880円、3年目以降は5,815円となります。支払いはクレジットカードのみです。

どちらのプランに関しても2年契約となっているので、25か月目に無料で解約手続きを行なうことができます。それ以外の時期に解約手続きを行なう場合、利用期間に応じて9,500~19,000円の違約金が発生するので注意してください。

Y!mobileのモバイルwi-fiが支持されている理由とは?

「モバイルwi-fi業界の雄」と言えば、多くの人は「Y!Mobile(ワイ・モバイル)」を真っ先に挙げることでしょう。では、Y!Moileの提供しているモバイルwi-fiの特徴や料金などを細かく検証していきましょう。

1:速度

Y!Mobileがモバイルwi-fi向けに使用しているネットワークは「4G」、「AXGP」および「LTE」です。最新機種のルーター「63HW」を利用すると、最大通信速度は下り612Mbpsとなります。これは一般的なWIMAX2規格の440Mbpsを上回っており、モバイルwi-fiの中でも屈指のスピードを誇るということができるでしょう。その他に、「502HW」モデルを使用している場合は最大187.5Mbps、「601ZT」および「506HW」を使用の場合には182.5Mbpsが下りの最高通信速度です。

2:特徴

ポケットwi-fiY!Mobileが提供しているモバイルwi-fiサービスは「ポケットwi-fi」として広く知られています。このポケットwi-fiサービスの主な特徴は3つあります。1つ目は「ソフトバンクと提携していること」、2つ目は「繋がりやすさ」、そして3つ目は「サポートが充実している事」です。

Y!Mobileは携帯キャリアであるソフトバンクと提携しています。そのため、ポケットwi-fiのデータ通信はソフトバンクのオリジナル通信網である「プラチナバンド」を活用することができています。結果として、WIMAX2を利用している他社のモバイルwi-fi通信と競合することがほとんどないため、データの遅延が発生しにくいという利点があるのです。また、「キャリア・アグリゲーション」というユニークなシステムを導入することで、600Mbpsを超える高速通信も可能となっています。これはY!Mobileにしかない強みということができるでしょう。

2つ目は「地下や高所でも繋がりやすい」という点です。ソフトバンクとの提携によって、通信可能なエリアは他社と比べて格段に広くなっています。「モバイルwi-fiの泣き所」とされている地下街や屋上などのエリアでも、スムーズに通信をすることができます。また、幅広い周波数帯を確保することができており、場所に応じて最適な周波数にオートで切り替えてくれる、というのもY!Mobileの利点ということができます。

3つ目の特徴は「メーカーサポートが充実している」という点です。例えば、「故障安心パック」では、月額500円を支払うことで、水漏れや故障時のフォローだけでなく、電池パックの無料交換サービスや機種変更時の割引などさまざまなサービスを利用することができます。また、「ワイドサポート」を申し込むと、年中無休で専門のコーススタッフによるトラブル対応のサポートを受けることができます。もしワイドサポートで解決できなかった場合には、「出張サポート」を依頼することができる、というのもポイントです。

3:費用

Y!Mobileのモバイルwi-fiサービスに関するプランは主に2つあります。加えて、オプションサービスが2つ準備されています。

1つ目のプランは「ポケットwi-fiプラン2」です。このプランは、月額使用料5,696円で最大7GBまでの高速データ通信を楽しむことができる、というものです。ただし、3年契約に加入すると、月々の使用料金から2,000円が割引されて3,696円となります。3年経過の前に契約解除しようとすると、違約金9,500円が発生するため注意しましょう。

Y!Mobileが提供するもう1つのプランは「ポケットwi-fiプラン2 ライト」です。このプランは、月額使用料4,480円で最大5GBまでの高速データ通信を楽しむことができる、といいうものです。ただし、3年契約に加入することで、月々の使用料金から2,000円が割引され、支払いは2,480円となります。

データ通信容量が規定値を超えた場合、自動的に通信速度が最大128kbpsまで制限されます。これを解除する目的で準備されているオプションサービスが「アドバンスオプション」と「快適モード」です。「アドバンスオプション」は、毎月684円を支払うことで通信容量の上限を取り除くサービスのことです。これにより、通信速度を気にせずインターネットを楽しむことができるでしょう。ただし、3日間の累計データ使用量が10GBを超えてしまった場合には、自動的に速度制限が課されます。アドバンスオプションはポケットwi-fiプラン2にのみ対応しています。

「快適モード」は、データ使用容量が上限に達した場合、自動的に500円を支払って500MBを追加してくれる、というサービスです。もちろん、事前に追加回数の上限を定めておくことができるので、「気が付いたらとんでもない金額の支払いを請求されることになった」という心配はありません。これは2つの基本プランどちらにも対応しています。

Yahoo!Wi-Fiが提供するモバイルwi-fiサービスの良さを知ろう!

全国的な知名度を武器として、モバイルwi-fi市場でシェアを拡大しているのが「Yahoo!WI-FI」です。では、このプロバイダが提供しているサービスのスペックと、お得に活用する方法を確認しておきましょう。

1:速度

Yahoo!WI-FIでは、独自のネットワークシステムを通じてサービスを提供しています。対応している規格はSoftbankの「LTE」、「AXGP」および「4G」となっています。Yahoo!WI-FIモバイルサービスの通信速度は、プランに応じて2つに分類されています。通信容量の制限がないプランの場合には、下りで最大612Mbpsの通信速度が確保できます。対応しているルーターは「Pocket wi-fi 603HW」です。一方、通信容量が1か月当たり最大5GBのプランになると、下りの最高通信速度は112.5Mbpsとなります。対応しているルーターのモデルは「Pocket wi-fi 506HW」です。使用したデータ量が5GBを超えると、通信速度は月末まで128kbpsまで制限されることになります。ただし、制限解除オプションを利用することで、通常の高速通信に戻すことが可能です。

2:特徴

Yahoo!WI-FIが提供しているモバイルwi-fiサービスの特徴は主に3つあります。1つ目は「申し込み手続きがとても簡単」、2つ目は「サービス対応エリアが広い」、そして3つ目は「お得な特典が数多くあること」です。

Yahoo!WI-FIの料金システムは基本的にYahoo!が展開するサービスの1つである「Yahoo!ウォレット」を介して行います。これは個人情報の他にクレジットカードに関する情報なども登録できる便利なサービスで、Yahoo!公式サイトでアカウントを取得すればすぐに手続き可能です。「ヤフオク」など、他のYahoo!が提供しているサービスにも活用することができる、というメリットがあります。Yahoo!ウォレットへの登録が完了していれば、モバイルwi-fiサービスへの手続きは30分未満という短時間ですぐに行なうことができます。早ければ即日、遅くても翌日にはルーターの発送が行われます。ルーターのネットワーク設定は完了した状態で発送されるので、ユーザーは受け取り後すぐにモバイル端末を接続してインターネットを楽しむことができるのです。

高層ビルYahoo!WI-FIが利用しているネットワークは、携帯電話キャリアであるSoftbankと同じものを利用します。ですから、Softbankの電波が届く範囲であれば、基本的にはモバイルwi-fiサービスを利用することができるはずです。加えて、LTEエリアや4Gエリアは順次拡大しており、地下エリアや高層ビルに加えて、人口があまり多くない地方都市でも高速インターネット通信を利用することができるようになっています。これはWIMAXおよびWIMAX2のサービスを提供するプロバイダよりも優れている面の1つと言うことができるでしょう。

3つ目は「様々な特典が利用できる」というものです。ただし、特典を利用するための条件として「月額462円のYahoo!プレミアム会員になる」というものがあります。この会員になっていると、最初の数か月間モバイルwi-fiの利用料金が割引になったり、さまざまなクーポンを受け取ることができたりします。Softbankの携帯を利用している人はYahoo!プレミアムの会員費が無料になるので、該当する人はぜひ活用しましょう。

3:費用

Yahoo!WI-FIの提供しているサービスには基本的に「通信制限なし」と「通信制限あり」という2つのプランがあります。

1つ目の「通信制限なし」は、名称が示す通り、1か月のデータ通信量に関する上限の設定がありません。ですから、容量を気にすることなく動画やストリーミングを存分に楽しめます。基本使用料金は3,696円で、これに「アドバンスト設定」の684円を加えた4,380円が月々の支払額となります。ただし、申し込みから最初の3か月間に関しては、アドバンスト設定の料金が無料となります。アドバンスト設定をしなかった場合には、データ通信量が7GBに制限されてしまい、それ以降は128kbpsという速度制限がかかってしまうので注意が必要です。

もう1つのプランである「通信制限あり」は、1か月当たりのデータ通信量が最大5GBに設定されています。これを超える分に関しては通信速度が128kbpsに制限されてしまいます。制限を外すためには、500MB当たり500円という追加料金を支払う必要があります。月々の使用料金は3,696円です。ただし、Yahoo!プレミアム会員なら2,480円となります。加えて、最初の12か月間に関しては1,980円で利用することが可能となっています。

カシモwimaxのモバイルwi-fiサービスはどこが違う?

大幅な割引キャンペーンを行なうことで急速にシェアを獲得しているのが「カシモWIMAX」です。では、この新しいモバイルwi-fiプロバイダがこれほど消費者から支持されている背景について調べてみることにしましょう。

1:速度

カシモWIMAXでは、WIMAX2+およびauの4G/LTE回線を利用した高速のモバイルwi-fiサービスを提供しています。ユーザーへ提供しているルーターは主に4種類で、それぞれ対応している通信速度が異なります。最新モデルの小型ルーター「W05」は下り最大708Mbpsの通信速度を実現しました。この速度が適用されるエリア範囲はまだかなり狭いとはいえ、対応地域に住んでいる、もしくはそこで仕事をしている人には大変おすすめです。もう1つの人気モデル「L01S」は最大通信速度が440Mbpsです。スティックタイプの「W04」も最大通信速度は440Mbpsとなっています。そしてもう1つの「Triprouter」はUSB接続ができるモデルで、最大通信速度は220Mbpsとなっています。

2:特徴

「MEモバイル」が2017年よりサービスを開始したカシモWIMAXのモバイルwi-fiは、「特典の多さ」と「3年縛りがないこと」で多くのユーザーから高い評価を獲得しています。

カシモWIMAXの際立った特典は「初期費用が無料であること」です。同じWIMAXをベースとしたモバイルwi-fiサービスを提供しているプロバイダであっても、初期費用に関してはまったく割引がなかったり、3年以上の契約をした人に限って割引が適用されたり、というケースがほとんどです。一方、カシモWIMAXでは、申し込み者の契約期間に関わりなく、すべての機種を無料で提供しています。このサービスを実現可能にしている背景には「新古品を活用している」という企業スタイルがあります。新古品とは、「出荷されたものの、何らかの理由で短期間で回収されて修理へ送られたもの」という意味があります。きちんと修理および稼働チェックが行われているので、動作に関しては問題ありません。「新品じゃなければ嫌だ」というこだわりがないのあれば、カシモWIMAXはおすすめです。ちなみに、最も新しいモデルである「W05」に関しては、すべて「新古品」ではなく「新品」となっています。

ユーザーカシモWIMAXが持つ2つ目の特徴は「3年契約の縛りを外している事」です。モバイルwi-fiサービスを行なっているプロバイダの中には「3年以上の契約をしなければ特典や料金の割引が適用されません」という条件を課しているケースが多々見られており、ユーザーの中にはこれを不満に感じている人も少なからずいるようです。一方、カシモWIMAXでは、2年契約をすればすべての割引が適用されるように設定されています。また、解約の方法に関しても公式サイトに分かりやすく記載されているので、「解約の方法が分かりづらくてできなかった」というトラブルが起きないよう注意していることがよくわかります。このように、カシモWIMAXはユーザーの視点に立った理解しやすいサービスを心掛けています。こうした点が評価されて、サービス開始から1年ほどしか経過していないにも関わらず、カシモWIMAXの顧客数は大きな伸びを見せているのです。

カシモWIMAXでは、「継続的にお得な割引キャンペーンを実施していく」とプレスリリースを通じて発表しており、これからさらに魅力的なサービスや割引システムが増えることが期待されています。

3:費用

カシモWIMAXでは、モバイルwi-fiサービス用のお得な料金プランとして「ギガ放題プラン」と「ライトプラン」の2種類を提供しています。

毎月上限なしでインターネット通信を利用することができる「ギガ放題プラン」の基本料金は4,679円となっています。ただし、カシモの「お得割引」に申し込むことで、大幅な割引が適用されます。初月は料金0円、1,2か月目は1,380円、3~24カ月目は3,380円です。3年目からは「長期割引」が適用されるので、毎月の使用料金は4,079円となります。ただし、「ハイスピードエリアモード」に加入した場合には、LTEの利用料金として1か月当たり1,005円を支払う必要があり、これに対する割引はありません。

「ライトプラン」は毎月のデータ通信量上限が7GBで、基本料金は月額3,995円となっています。ただし、こちらのプランもカシモの「お得割引」を適用することでかなりの割引になります。最初の月は料金0円、1か月目と2か月目は1,380円、3か月目から24か月目は2,680円です。25か月目以降は「長期割引」が適用されることになり、毎月の使用料金は3,379円となります。「7GBではデータ通信の容量が足りないな」と感じたなら、すぐに無料で「ギガ放題プラン」への変更が可能です。

GMOとくとくBBの提供するモバイルwi-fiサービスはここがすごい!

魅力的なキャンペーンを次々に打ち出すことで消費者の心を掴んできたのが「GMOとくとくBB」の提供するモバイルwi-fiサービスです。では、このプロバイダとそのサービスに関する詳細を見ていきましょう。

1:速度

GMOとくとくBBが提携しているのは「WIMAX2」です。ですから、カタログ上の最大通信速度は440Mbpsとなります。Wi-fiサービス用の端末として提供しているのは全部で5種類あります。そのうち2つは最大通信速度708Mbpsに対応している「W05」および「W04」、残りの3つは最大通信速度440Mbpsに対応している「WX04」、「WX03」および「L01S」です。2018年現在、WIMAX2はGMOとくとくBBなど一部のプロバイダを介し、東京や大阪などの大都市圏において試験的に最大通信速度708Mbpsのサービスを提供しています。ですから、「ピンポイント・エリア判定サービス」でチェックをして、該当する地域に住んでいる場合には最新モデルのルーター「W05」もしくは「W04」を申し込むと良いでしょう。

2:特徴

GMOとくとくBBがモバイルwi-fiサービスで高い人気を獲得している理由として、「お得なキャッシュバックキャンペーン」と「充実したサポート体制」の2つの特徴が挙げられます。

「モバイルwi-fiルーターを申し込むとキャッシュバックを受けられます」というキャンペーンをしているプロバイダは少なくありません。とはいえ、GMOとくとくBBほど大々的かつお得なキャッシュバックキャンペーンを実施するケースは他にないと言えるでしょう。最大のキャッシュバックを受けることができるのは「W05」や「W04」のLTE無料プランに3年契約で申し込んだケースで、39,400円のキャッシュバックが行われます。

キャッシュバック幾つかのプロバイダでは「2年契約ではキャッシュバックを受けることができない」という設定が目立ちます。一方、GMOとくとくBBでは、「安心して申し込みができるように」という理由から、初めてモバイルwi-fiを利用する人に対しては2年契約も積極的に推奨しており、その場合でも30,000円以上のキャッシュバックを受けることが可能となっています。その結果、契約者のおよそ88%が2年契約を選択しています。こうしたユーザーに配慮したキャッシュバックサービスをしていることが人気の理由と言えるでしょう。ただし、キャッシュバックを受けるには、ユーザー自身が申し込みを行なう必要があります。「契約したら自動的にエントリーされる」という訳でないので注意が必要です。

GMOとくとくBBでは、契約した人たちがモバイルwi-fiサービスを快適に使うことができるよう、充実したサポート体制を整えています。例えば、月々300円を支払って「安心サポート」に加入しておくと、wi-fiルーターが故障した時の修理を無料で依頼することができます。また、水にぬれて故障した場合でも保証してもらえる「安心サポート・ワイド」も準備されています。こちらは月々の利用料金が500円となっています。こうした保証がない状態で故障してしまうと、最大で20,000円の修理費用を実費で支払う必要があるということを考えると、このサービスを利用するのは賢明と言えるでしょう。

もう1つは「キャンセルサービス」です。これは「申し込みから20日以内であれば理由に関わりなく契約をキャンセルすることができる」というもので、解約違約金24,800円を支払うことなく契約を解除できます。ただし、端末の返送料金に関しては利用者が支払う必要があります。また、「申し込み日から20日」であって、「端末到着日から20日」ではないということを明記しておきます。いずれにしても「20日間」という猶予を設けている事は大変珍しく、多くの利用者から高く評価されています。

3:費用

GMOとくとくBBでは、モバイル通信用プランとして「ギガ放題プラン」と「通常プラン」の2タイプを準備しています。

「ギガ放題プラン」は、最大708Mbpsもしくは440Mbpsのインターネット通信を上限なしで利用できるサービスのことです。通常料金は4,263円です。ただし、1か月目と2カ月目に関しては特別キャンペーン料金として3,609円で利用することが可能となっています。加えて、契約の最初には事務手数料の3,000円を支払う必要があります。ただし、端末代金および発送手数料は不要です。

「通常プラン」は1カ月当たり最大7GBまで高速でインターネット通信を利用できるサービスです。これを超えた通信容量に関しては128kbpsというスピード制限が課せられます。月々の利用料金は3,609円で、キャンペーン料金の設定はありません。どちらのプランも1カ月ごとに変更することが可能、というのがGMOとくとくBBの大きな魅力と言えるでしょう。

BroadWiMAXのモバイルwi-fiが持つ良さや強みとは?

数あるWIMAX対応プロバイダの中でも、「料金の安さ」を前面に押し出しているのが「Broad WIMAX」です。では、このプロバイダが提供しているモバイルwi-fiルーターのサービスを検証してみましょう。

1:速度

Broad WIMAXが提供するルーターは、最大708Mbpsの高速通信対応の「W05」、最大通信速度440Mbpsで大容量バッテリー内蔵の「WX04」および最大通信速度440Mbpsで有線・無線のどちらにも対応可能な「L01S」です。WIMAX2規格そのものの通信速度は最大440Mbpsなので、この高速な通信スピードがルーターによって制限されるという心配はありません

Broad WIMAXは人口が密集する大都市圏において、高速データ通信が可能な範囲を示す指針である「人口カバー率」で99%以上という数値を達成しています。ですから、これまでモバイルデータ通信でありがちだった「夕方になると通信速度が低下する」「駅に入ると繋がりにくくなる」といった問題がほとんどなく、ストレスフリーで高速のデータ通信を楽しむことができます。スマートフォンなどのモバイル機器を複数接続しても、速度が減衰しにくいというのも魅力と言えるでしょう。

2:特徴

Broad WIMAXが提供するモバイルwi-fiサービスの際立った特徴と言えば、「キャンセル保証」や「違約金サポート」など、ユーザーが申し込みやすいようにサポートするシステム作りが挙げられます。

「いざモバイルwi-fiを契約してみたものの、あまり自分の生活スタイルに合っていなかった」というケースは珍しくありません。「自分の住んでいるエリアは440Mbpsの高速通信ができなかった」というケースもあることでしょう。とはいえ、多くのモバイルwi-fiサービスを提供しているプロバイダは、2年ないし3年契約が完了するまで基本的に解約ができなくなっており、解約をする場合は高額の違約金を支払うよう取り決められています。一方、Broad WIMAXでは、端末が届いた日から8日以内なら、理由に関わりなく無料で解約手続きを行なうことが可能です。サポートセンターにキャンセルの申請をしてから、端末を返送することで手続きは完了します。このサービスは多くのユーザーから大変評価されており、結果としてBroad WIMAXへの申し込みを増やす結果となっています。

申し込みもう1つは「違約金サポートシステム」です。Broad WIMAXの公式サイトで申し込みをした人に限り、サービス利用開始後に無料で他のプロバイダへ切り替えることが可能となっています。切り替え先としては「Softbank光」や「Broad LTE」など8社がリストアップされていて、その中から自由に選択することができます。「Broad WIMAXでは通信速度が遅かった」「モバイルwi-fiではなく固定回線へ切り替えをしたい」といった理由で解約を希望する人からは大変好評です。

「今日申し込みをしてすぐにネットを使いたい」という人向けに考え出されたBroad WIMAXオリジナルのサービスが「店舗受け取りサービス」です。これは、ウェブサイトで申し込みが完了したらすぐに最寄りのBroad WIMAXと提携している店舗でルーターを受け取ることができる、という画期的なサービスです。「申し込み翌日にはインターネットができます」というプロバイダが多い中で、「申し込み当日の利用開始」を実現しているのは現在のところBroad WIMAXのみとなっています。

3:費用

Broad WIMAXの強みは「利用料金の安さ」です。基本プランとして「ギガ放題プラン」と「ライトプラン」の2つを用意しています。

Broad WIMAXでモバイルwi-fiを利用している人のおよそ93%が申し込んでいるのは「ギガ放題プラン」です。高速通信に関する月々のデータ量制限は設けられていません。毎月の利用料金は3,411円で、これはモバイルwi-fi業界でもトップクラスの安さです。また、最初の2カ月間に関しては2,726円で利用することが可能です。LTEエリア料金1,005円は無料で、公式webサイトから申し込みをすると、機器費用の18,857円も無料となります。契約期間は3年のみです。ただし、契約期間中にライトプランへの切り替えは常時可能です。auのスマートフォンを利用している人は月々の利用料から1,000円が割引になります。

「ライトプラン」は月々の高速データ通信が7GBまでと定められている3年契約の制限付きプランです。これを超えてしまった分に関しては、通信速度が最大128kbpsという低速通信に変化するので注意が必要です。毎月の利用料金は3,326円です。ただし、最初の2カ月間に関してはキャンペーン料金として2,726円で利用することが可能です。LTEエリア料金および初期費用も無料となっており、auのスマートフォンユーザ向け割引も適用されます。

novas WiMAXのモバイルwi-fiが持つ魅力を検証しよう

ルーターメーカーとしての強みを前面に出してモバイルwi-fiの販売戦略を進めているのが「nova WIMAX(ノバ・ワイマックス)」です。では、nova WIMAXの強みや魅力についてチェックしてみましょう。

1:速度

nova WIMAXはWIMAX2の規格に準拠したサービスを提供しています。ですから、下りの最大通信速度は440Mbpsです。wi-fiサービスで提供している端末は最新機種の「Speed Wi-Fi NEXT W05」で、これは最大700Mbpsまで対応しています。ですから、WIMAX2の魅力である高速通信を存分に活用することができるはずです。2017年まではWIMAX規格のルーターのみを提供していたため、最大通信スピードは220Mbpsが上限となって、他社にやや差をつけられていました。とはいえ、2018年に入って高速モデルのルーターを提供することができるようになったことから、nova WIMAXのウィークポイントはほぼなくなったということができるでしょう。

2:特徴

nova WIMAXはルーターなどのIT周辺機器メーカーである「シンセイ・コーポレーション」が提供しているモバイルwi-fiサービスです。主な特徴としては「端末代金無料キャンペーン」、「端末保証キャンペーン」および「ケーブルプレゼント」など、メーカーであることのメリットを生かしたサービスが目立っています

nova WIMAXでは、ポータブルwi-fiルーターと室内用ルーターの2タイプを提供しており、ユーザーは通信プランに関わりなくいずれかのオプションを自由に選択することができます。その際、特定のプランに加入すると端末代や初期費用などが無料になるキャンペーンを継続して実施しています。端末の送料も無料です。「端末代金は別」「初期費用の3,000円は支払いが必要」というケースが多い中で、これらの費用を完全無料にしているというのはnova WIMAXの強みと言うことができるでしょう。

ルーター室内用ルーターを選択すると、HOMES+CAという端末が送られてきます。この端末はシンセイ・コーポレーションの製品であることから、無料で修理および交換が可能な2年間の保証が付帯しています。モバイルwi-fiサービスでは、ルーターが故障して修理もしくは交換が必要になると、それに伴う費用に関してはユーザーが実費で負担する、というケースがほとんどです。それと比較すると、2年間の無料保証が準備されているというのは非常に魅力的と言えます。加えて、受信状況を改善するための「延長用コード」および「簡易アンテナ」が無償で貸し出しされます。設置方法はとても簡単で、すぐに通信速度向上の効果を実感することができるでしょう。ただし、HOMES+CA規格の最大下り速度は220Mbpsであるという点は明記しておきます。

HOMES+CAを機種として選択すると、Qrioスマートロックサービスを格安で利用することができます。これは家の施錠・解錠をスマートフォンで行なうことができるだけでなく、扉の開閉があったときにはすぐにスマートフォンへ通知が届くという便利なサービスです。このシステムを設置する際には通常25,800円の費用が発生します。ただし、HOMES+CAで契約した人は9,800円で設置が可能となります。

nova WIMAXの公式サイトから申し込みを行なうと、地域密着型クリーニングサービスを提供している「リアクア」のプレミアム会員になることができます。会員として期限は1年間で、月額300円の会員費も免除されます。Yシャツやスーツなどほぼすべての衣類に関するドライクリーニングを35%OFFで利用することができます。加えて、3,000円分のクーポンも貰えるので、リアクアを頻繁に利用している人にとってはかなりメリットの大きい特典です。

3:費用

nova WIMAXでは、毎月の通信量上限が定められていない「WIMAX2ギガ放題プラン」と、1カ月当たりの高速通信容量が7GBに制限される「WIMAX2定額プラン」の2つを基本プランとして提供しています。

「WIMAX2ギガ放題プラン」を選択した場合、月々の利用料金は3,980円となります。ただし、契約した最初の月は利用料金が無料となります。また、1ヶ月目および2ヶ月目に関しては、特別割引が適用されて2,780円で利用が可能です。また、ギガ放題プランの3年契約を選択した場合には、毎月のLTE利用料金1,005円が無料となります。2年以下の契約から3年契約へ変更した場合にもこの割引が適用されます。

「WIMAX2定額プラン」は、月々の標準利用料金が4,196円に設定されています。ただし、契約した最初の月に限っては利用料金が無料になるという特典があります。また、2ヶ月目以降はnova WIMAXのキャンペーン割が適用されるため、実際に支払う料金は3,599円となります。ただし、事務登録手数料3,000円は支払う必要があります。

UQ WiMAXのモバイルwi-fiが支持されている理由とは?

モバイルネットサービスの総合部門で満足度ランキング1位を獲得したのが「UQ WIMAX」です。では、UQ WIMAXが提供しているモバイルwi-fiルーターには、他社にはないどんな強みがあるのかを検証してみましょう。

1:速度

wi-fiUQ WIMAXが多くのユーザーから人気を集めている理由として「通信速度の速さ」という点が挙げられます。カタログに基づく下りの最大通信速度は440Mbpsとなっています。もちろん場所によって多少の減衰は発生します、例えば、東京の渋谷駅周辺では300Mbps、成田空港周辺では280Mbpsとなっています。また、大都市圏でない地域では、最大通信速度が220Mbpsないし110Mbpsになるケースもあります。ただし、UQ WIMAXでは440Mbps対応エリアの拡大を急速に進めています。特に、地下鉄のホームや地下街の通信状況はここ1、2年で劇的に改善しており、円滑に高速通信ができるようになってきています。ですから、UQ WIMAXが提供するモバイルwi-fiサービスの質は全国規模で順調に向上しているということができるでしょう。

2:特徴

UQ WIMAXが提供するモバイルwi-fiの主な特徴は3つあります。1つ目は「導入工事は不要」、2つ目は「auと提携している」、そして3つ目は「通信制限があまり厳しくない」という点です。

UQ WIMAXでは、ユーザーへの貸し出しを行なう前にモバイルwi-fiルーターの初期設定を済ませてくれています。ですから、ユーザーはルーターが届いたその日からインターネットを利用できます。屋内回線の導入をする場合には、大抵専門の業者による導入工事が必要となり、春先や秋口など引越しの多くなる時期には順番待ちになってなかなかインターネットができない、ということが起こります。一方、UQ WIMAXではそうした心配がなく、早ければ申し込みを完了した翌日にはルーターが発送されます。ですから、「仕事などで常にインターネット接続を必要としている」人にはたいへんおすすめです。

UQ WIMAXのモバイルwi-fiが持つ2つ目の特徴は「auと提携している」という点です。そのため、WIMAX独自のネットワークに加えて、auのLTE回線を使用することもできるのです。つまり、WIMAXが提供する高速通信エリアの他に、LTE通信のエリアでも高速インターネットサービスを利用することができる、というメリットがあります。ですから、auによるLTEネットワークが拡大すればするほど、UQ WIMAXのサービスエリアも拡大していくということなのです。加えて、auのスマートフォンユーザーにはUQ WIMAXの利用料金がお得になるというシステムも準備されています。ですから、auとの契約をしている人にとってはUQ WIMAXを選ぶことでかなりのメリットがある、ということができるでしょう。

3つ目の特徴は「データ通信の容量制限がそれほど厳しくない」という点です。スマートフォンに搭載されているテザリング機能を始めとして、多くのモバイルwi-fiルーターは1カ月の通信容量が決められており、それを超えると通信速度が大幅に制限されてしまいます。中には、128kbpsというかなり低速になるケースも見受けられるほどです。一方、UQ WIMAXのギガ放題プランは1カ月の通信量制限がありません。3日で10GB以上の通信をした場合には速度制限がかかるものの、最大速度は1Mbpsなので、通常のウェブ閲覧であればほとんど問題にはならない速度です。こうした多彩な魅力を持っていることが消費者の支持を集める理由となっています。

3:費用

UQ WIMAXが提供するモバイルwi-fiサービスの料金体系は主に2つです。1つ目は「UQ FLAT ツープラス」です。これは、1カ月間のデータ通信量が7GBに達するまで高速データ通信を利用することができるというもので、月額利用料は3,696円です。契約期間は2年、3年および4年の3タイプがあり、3年以上の契約を選択すると、月々のLTE使用料金1,005円が無料となります。また、auのスマートフォンを使用している人は毎月1,000円の割引を受けられます。「インターネットの用途はメールやウェブ閲覧程度」という人にはこのプランがおすすめです。

一方、「動画を毎日たくさん見たい」という人にはもう1つのプランである「UQ FLAT ツープラス」がおすすめです。このプランは月間のデータ通信量に関する上限がないため、高速データ通信で動画を好きなだけ楽しむことができます。このプランの月額使用料は4,380円となっています。契約期間は2年もしくは3年で、3年を選択すると毎月のLTE使用料金が無料となります。もちろん、auのスマートフォン利用者に対する1,005円の割引も適用されます。